面接はありのままの自分を出す事

「自己分析」「企業分析」「フィッティング」は転職活動を左右する大切なポイントです。

分析結果をフィッティングしてから面接に臨む

「自己分析」「企業分析」「フィッティング」は転職活動を左右する大切なポイントです。そもそも転職活動は、ビジネス活動と同じで、応募者は面接で「キャリアを積んだ自分」という商品を応募先の企業に売り込まなければなりません。より有効に売り込むために、自分という商品の特徴(経験・能力)はどういうものなのか、売り込む材料を見つける作業が「自己分析」です。

自己分析で特徴をつかんだら、今度は応募先のニーズをつかまなければなりません。どんなに良い商品でも、相手にまったくニーズがなければ売れないもの。その方法が「企業分析」です。応募企業の特徴や業務内容、欲しがっている人材を積極的にリサーチしましょう。そして自己分析と企業分析をもとにおこなうのが「フィッティング」です。フィッティングとはいわば試着のことで、ここでは「着たつもり」ではなく「入社したつもり」になって具体的にイメージしていきます。フィッティングは企業と応募者との接点を見つける作業なので、面接までの準備のなかでもっとも重要と言えます。なぜなら自己分析と企業分析をしっかりしても、接点を意識していないと無駄な労力になってしまうからです。接点を意識すればミスマッチは防げます。


Copyright(c) 2017 面接はありのままの自分を出す事 All Rights Reserved.