面接はありのままの自分を出す事

就職や転職面接でタブー視されることはたくさんあります。

面接では正直すぎるのも考えもの

就職や転職面接でタブー視されることはたくさんあります。中でも、嘘をつくことは一番いけないこととされていますが、当たり前でしょう。経歴詐称はもちろんですが、分からないことを知ったかぶりするのもいけません。採用担当者から質問をされたが、答えが分からないと言う場合は、正直に分からないと言いましょう。分からないと言うと落とされると考えるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、ごまかしたり知ったかぶりをする方がだめです。また、嘘をつくのはいけないと言えど、正直すぎるのも考えものでしょう。

面接では必ず志望動機を聞かれます。会社が家の近くだから、給料が良いからと言う理由でその会社に決めた人も入るでしょう。嘘をつくのはいけないからと、それを正直に答えてしまえば受かることはなくなります。いくら本音だとしても、そう答えて正直で好感が持てると感じる採用担当者はいません。紋切り型の質問に対して、模範解答を述べると言うのも大事なことです。それは嘘をつくと言うことではありません。常識と言うことです。紋切り型の質問には、あらかじめ模範解答を準備しておきましょう。転職希望者の場合は、とくにこれが大事になってきます。


Copyright(c) 2017 面接はありのままの自分を出す事 All Rights Reserved.