面接はありのままの自分を出す事

面接官に応募者と企業側の接点を伝える3つのコツを提示します。

面接官に接点を伝える3つのポイント

面接官に応募者と企業側の接点を伝える3つのコツを提示します。一つ目はエピソードを語ることです。転職面接では必ず、応募者のこれまでの仕事内容や経験が問われます。そのときに面接官が具体的なイメージを描けるようにするには、エピソードが重要です。エピソードは、具体的であればあるほど説得力が増します。「○○の営業をしていました」でおわるのではなく「こんな知恵を出して行動に移し、このような成果が得られました」と具体的な経験を語りましょう。

2つ目のコツは「前職に就いた理由」から「なぜ辞めたのか」「なぜ応募先の企業を志望するのか」までの転職ストーリーを作ることです。とくに「転職理由」と「志望動機」を語るときに大切になります。なぜならば転職面接の場合「なぜ前職を辞めたのか」を問われます。ここでの答えが、「辞めて何をしたいのか」と一貫していなければ、面接官は納得できません。過去・現在・未来がつながるストーリーを伝えなければなりません。

3つ目は「入社したら、これをやりたい」というプランを語ることです。まずは「この会社に入ったらどんな毎日になって、どんな仕事をするんだろう」と想像してみます。すると、転職先の仕事をより具体的にイメージでき、さらに「自分だったらここから取り組むぞ」とプランを発送できるでしょう。そのプランを面接で提案すれば、「本気で入社を考えているんだな」と高い評価が得られるはずです。


Copyright(c) 2017 面接はありのままの自分を出す事 All Rights Reserved.