面接はありのままの自分を出す事

キャリアチェックとは面接官が応募者にこれまでの仕事について質問し、確認していくことです。

面接官が見ていること。

キャリアチェックとは面接官が応募者にこれまでの仕事について質問し、確認していくことです。面接官は応募者のキャリアを聞くことで、募集している仕事を任せられる人かどうかを確認します。このとき面接官の口からよく出るのが「もう少し具体的に話してもらえますか」。応募者はこの問いかけに備え、これまでの仕事上でのエピソードをできるだけ細かく思い出し、わかりやすく語られるようにしておく必要があります。

面接官はキャリアを確認しながら、「主体的に働き、伸びてくれそうな人材か」もチェックしています。これから躍進していこうという発展途上の企業ほど、主体性があり、将来も進んで伸びてくれそうな人材を求める傾向があります。というのは、成長段階の企業では、社内の教育制度も整っていないケースも多く「いちいち教えている時間がない」というホンネもあり、ベンチャー企業ほど積極性を求めがちです。では、どんな応募者に面接官は「伸びてくれそう」と感じるのでしょうか。それはズバリ主体的に仕事に取り組んだエピソードを生々しく語れる人。会社のいいなりでただ働いていたのではなく、自分で考えて実践してきた人に対し「ウチでも同じように取り組み、成長してくれるだろう」と推測します。


Copyright(c) 2017 面接はありのままの自分を出す事 All Rights Reserved.